FC2ブログ

カレー日記



神田「ダルバートShanti」ダルバート(マトン)+スパイシー半熟玉子


学芸大学にあったShanti。
オーセンティックなネパール料理をベースとしつつも、限定メニューでは中華とネパールをミックスさせた独創的な中華ターリなども出していて、その全てが美味しく、かつ楽しく、知る人ぞ知る名店としてカレーマニアの間でも固定ファンを増やしていたお店でした。

その後溝の口のノクチラボにダルバートShantiと名前を少し変えて移転、そしてまた今度は神田鍛冶町に移転し、お店をオープンさせたのが2020年2/14のバレンタインデー。

こちらの場所、スナックなんです。
そのスナックの昼間間借り営業という形なのですが、スナックの名前もShanti。
実はオーナーが同じなんですね。

というわけで安心の開店となったわけです。

ダルバートをいただきました。スパイス半熟玉子をトッピング。
選べるカレーはマトンで。

骨付きのマトンはネパール料理そのものというよりはあえて日本人にも馴染みあるインドスタイルに寄せた仕上がり。

神田はカレーの街と呼ばれますが、詳しくいうなら昔ながらのカレーライスが人気の街。
そこでやるならこのスタイルが正解でしょう。
そしてインド的に寄せているとはいっても、よくあるインドネパール系のカレーとはまるで違う、この店オリジナルの非常に美味しいカレーなので問題ありません。

ダルの優しい美味しさも相変わらず。

副菜のバランスも良く、細かい部分に工夫があり、気が利いています。

イケメンネパール人シェフ、ゴル君の腕はますます磨きがかかっているようです。

辛さは控えめですが辛いもの好きの人の為にスパイスも置いてあります。
これがただ唐辛子なだけではなくティムールも混ざっているあたりが素晴らしい。

奄美大島のたんかんラッシーも美味しくて、ダルバートShantiにしか無い美味しさと楽しさを堪能しました。

純粋なネパール料理なら大久保エリアへ行けば沢山あります。
ここの了解は最初に書いた通り純粋なネパール料理をベースにシェフオリジナルの工夫を凝らした料理。

今後は神田に合わせてカレーライススタイルのメニューも提供予定とのこと。
神田にネパールの風を吹かせる注目の新店舗ですよ!

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード