FC2ブログ

カレー日記



市ヶ谷「牧谿」ウーロン豚咖喱、ココナッツ炒飯





鯖レモングラスバナナリーフ焼



インド料理と中華料理、それぞれの名店で修業された方が独立して出したお店です。
市ヶ谷と九段下の間くらい、靖国神社近くにあるお店は元々おでんのお店だったそうですが、それを改装したという和を残しつつもシックでモダンな印象。
壁に絵画が飾ってあったのですが、店主さん自身が描いた絵だそうです。

美大出身という店主さん。
インド料理は名店であり名門ともいえるエリックサウスで学んだそうです。
しかも店主の水野さんがエリックサウスにいた時期のメンツが凄い!
魯珈のえりさん、大岩食堂の大岩さん、マロロガバワンの磯邊さん、スパイスドランカーやぶやの藪さんなどなど、名だたる人気店、名店のシェフばかり。
そんなとんでもないセンスの持ち主たちと一緒に修業したとあれば、センスが磨かれるのは当然とも言えます。

中華はスパイスを使った南方系。
スパイスのみならずハーブ使いも印象的。
発酵調味料などクセのあるものを使いつつも、それがパンチとなっておつまみに最適なものばかりでした。
一番気に入ったのは鯖レモングラスバナナリーフ焼き。
こちらはバナナリーフ包み焼きですから南インド的でありながらもレモングラスの使い方が実に秀逸。

他の料理もレモングラスだったりミントだったり、ハーブの使い方が上手だなと感じました。

カレーはウーロン豚カリーをココナッツ炒飯と合わせてみました。
ココナッツ炒飯は中華というよりほぼインドのココナッツライスです。

ウーロン豚カリーは豚の旨味をウーロン茶でさっぱりとさせた食べやすいカレー。

強めの味のおつまみで攻め、最後のシメは優しい味で満足させる組み立て。
良い感じです。

飲み物は日本酒やクラフトビール推し。
僕はお酒をあまり飲まないのでウーロンチャイをいただいたのですが、これもしっかり一工夫あるスパイス感で美味しかったです。

中華とインドの融合というと、ガッツリ系のお店が多い中でこちらはサッパリ系。
新しいです。

ちなみに店名の牧谿は中国の画家の名前。
中国よりも日本で評価された画家。
きっとこのお店もインド料理原理主義者や中華料理原理主義者よりも、美味しければ何でも良いじゃないかという層に評価されるお店だと思います。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード