FC2ブログ

名古屋カレー日記(ピッサヌローク)



岩塚「ピッサヌローク」甘鯛のチューチープラー




赤鶏のゲーンカリー




ゲーンハンレー




鮟鱇ときのこのスープ




渡蟹のナンプラー漬け


日本人シェフによるモダンタイ料理のお店です。
メニューは無く、コースを予約するというシステムのお店で、前菜からメインまで伝統的なタイ料理に一工夫加え、現代的なエッセンスをちりばめた料理はいただけます。

通常はカレー、つまりタイ料理で言うところのゲーンはコースの〆にひとつ出てくるかどうかという所だそうですが、今回は幹事さんとお店の方が頑張ってくれまして、3種類ものゲーンをいただくことができました。

様々な料理が出た中で、ゲーン以外で特に印象的だったのは、鮟鱇ときのこのスープ。
鮟鱇ときのこですよ。和食のようなものです。しかしレモングラスがしっかりときいていて、確かにタイ料理になっているのが面白く、素材自体の良さも感じる上品な美味しさでした。

もうひとつ、渡り蟹のナンプラー漬け。
こちらはナンプラーに漬けて発酵させた渡り蟹。
これも実に面白い。
ナンプラーというと味や香りが強すぎるのかなと思ったのですが、それに負けない渡り蟹の力強い旨味と、それを引き立てる塩梅のナンプラーのバランス感。
凄いです。

ゲーンも凄いんです。

まずは甘鯛のチューチープラーから。
甘鯛は皮目はサクっと、身はフワっとした火入れ。
レッドカレーソースが甘鯛の上品な味わいを消さない絶妙な引き算加減でうなりました。

続いて赤鶏のゲーンカリー。
こちらもグリルした赤鶏を美味しく食べる為のイエローカレー。
胡椒の葉っぱも入っていてそれが実に良い風味でありアクセントになっていました。

レッドカレー、イエローカレーときたら最後はグリーンカレーなのかなと思わせておいて出てきたのがゲーンハンレー!

この流れの作り方、意外性とマニア心をくすぐるまとめ方がまず素晴らしい。

ゲーンハンレーとはタイ北部の料理なのですが、どこのタイ料理店でもいただけるカレーではなく、北部料理にこだわったお店なら7~8割くらいは置いてあるかなというようなものなので、珍しいとまではいかないかもしれませんが、どこでも食べられる料理ではないのです。
そして僕はタイ料理の中でもゲーンハンレーが大好き!

こちらのゲーンハンレーはオーセンティックなタイ料理のゲーンハンレーであり、意外性のみならず王道の攻め方も強いこと強いこと。

素晴らしいです。
硬軟自在、緩急自在なタイ料理コース。

今回のコースは6000円と、タイ料理としては安くは無いお値段でしたが、それでも高いとはまったく思わず、十分以上の満足度なのでした。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード