カレー日記


恵比寿「シータ」シータスペシャルセット(マトン、シーフード)


恵比寿リキッドルームのすぐ近くにいつの間にかできていたインドネパール系のお店です。
夜24時までやっているのでリキッドルームでライヴを見た後にも利用できて良いですね。
僕は他の会場でライヴを見たあと、こちらを利用しました。
22時半くらいだったかと思いますが客入りはぼちぼち。

ディナータイムにもセットがあったので、店名を冠したセットを注文。
サグチキンがデフォでもうひとつはセレクトというスタイルだったのですが、試しに他のものに変えられるか聞いてみるとOKとのこと。
マトン辛口とシーフード普通でお願いしました。

味はどちらもインドネパール系によくあるタイプの味。
マトン辛口が予想以上に辛かったので、マトンは元々辛めに作ってあるのかもしれません。

焼き物も主食も実に平均的。
サラダは胡麻ドレ。
ドリンクもついて主食おかわり可能で1500円。
ディナータイムなので、まぁこんなもんかなと思いつつも、クオリティ的にはランチ並だよなぁと思ったりも。
逆にいえばこれがランチでもっと食べられるのであれば良いのかもしれません。

といいつつも遅めの時間までやっている利点もあり、使い方次第でしょうね。

評価:★★☆

カレー日記


大塚「リトルムンバイ」2種類カレーセット(マトン、ミックスシーフード)


ダルバートやプルジャダイニング等のネパール勢に加え、カッチャルバッチャルのみならずやっぱりインディアまで加わった激戦区大塚。
その中においていつの間にかできていたのがこちらリトルムンバイです。
キッチンABCのすぐ近くにあります。

ランチタイムに訪問。
2種類カレーセットをマトンとシーフードで注文しました。
ナン、ライスはおかわり自由。
チキンティッカもついてきました。

食べてみるとカレーはごくごく普通のインドカレー。
インドネパール系のお店の平均的な味と思いきや、インド寄りな印象です。
店内もネパール感はなくインド的。

特筆すべきは主食の美味しさ。
ナンは程よい発酵度合いで程よい焼き加減。
無駄にギーを塗りたくってないあたりも良いです。
ライスは日本米とインディカ米のブレンドで、ターメリックライスながらかための炊き具合がカレーにぴったりです。

カレーは普通に美味しいという感じですが、主食はランチタイムでおかわりできるとなればかなりお得。
美味しいナンやライスをたくさん食べたい方にはおすすめです。

ライバルの多い激戦区ですが、頑張ってほしいお店ですね。

評価:★★★

カレー日記


神奈川 和田塚「香菜軒 寓」カツオのスモークとキャベツのカレー


風干し野菜カレー


野菜のおかず盛り合わせミニ


白ゴマのブランマンジェ


かつて東京は練馬の富士見台にあったお店です。
富士見台は住宅街であり、そこに住んでいる人以外の人はほとんど行かないであろう街。
そんな街にありながら東京中にファンを持ち、色々な街からそのファンが駆け付ける人気店がありました。
それが香菜軒。
かくいう僕もそのファンの一人であり、ほとんど縁の無い街でありながらそのカレーを食べる為だけに何度か足を運んだものです。

そんな香菜軒が人気があったのにもかかわらず突然の閉店。
残念に思っていると鎌倉で復活との話を聞き、楽しみにしていたのですがなかなか復活せず。
諦めかけていた時、やはり突然の復活。
香菜軒寓として、材木座にできたと聞いて行きたいと思い続けていました。

鎌倉エリアには縁があるのですが、こうなると不思議なもので鎌倉での予定が立たず、逆に富士見台での仕事が入ったりと、もどかしい思いをすることもしばしば。

天気が非常に良かった日に、これはもう行ってしまえと仲間を連れて行ってみました。
念の為電話を入れると営業していることを確認。
すると「お店が狭いのでお時間決まっていたらご予約承ります。」と丁寧な返答。
予約して行きました。

お店は古民家を改造したような形。
店内入ってみると確かに狭く、全部で3席のみ。
テイクアウトもやっているようです。

頼んだのはカツオのスモークとキャベツのカレー。
仲間は風干し野菜カレー。
ライスも玄米かキビ入り白米か選べるのでひとつずつ。

鎌倉野菜のおかず盛合せもついてきました。

カツオスモークは富士見台時代にもあったカレーで、食べてみればその美味しさがよみがえってきました。
南インドっぽさも感じる、プーリと実に合うカレーで、懐かしくって嬉しくって感動。

風干し野菜カレーは、鎌倉野菜を材木座海岸の海の風で干したものを使っているということです。
これがまた美味しくて。

鎌倉野菜にこだわっていて、盛合せも実にヘルシ-で美味しくて。
全体的に以前よりもよりヘルシー度合いが強まったように思います。

デザートで白ゴマのブランマンジェも頼んだのですが、これも以前とは少し違うスタイルでありながら、そのクオリティは変わらず。

席が少なく、キッチンと近いということもあってか、以前よりもシェフと会話しやすい環境なのがまた素敵で、シェフも楽しそうに仕事していらっしゃるのがまたこちらも楽しくなる感じ。
幸せそうだなぁと感じると同時に、食べてこちらも幸せになるという、本当に素敵なお店です。

以前あった肉系のカレーは無くなってしまい、肉好きの僕としては残念なのですが、それを補ってあまりあるパワーアップ具合。
是非また行きたいお店です。
遠方からわざわざ行く価値、おおいにアリですよ!

評価:★★★★☆

カレー日記


駒込「ムガルカフェ」ブナカレー、ナン


チキンビリヤニ


駒込のしもふり商店街にできたインド料理カフェです。
ビリヤニがいただけるということで行ってきました。

メニューを見るとブナもあるじゃないですか。
人数も複数での訪問だったので、ならばブナも一緒に。

ビリヤニはマトンとチキンがあったのですが、どちらがおすすめか聞いてみると、どちらもおすすめだけれどもチキンは炊き立てだということで、そちらをお願いしました。

ビリヤニは王道の美味しさ。
チキンもたっぷり入っていて、食べている途中で店員さんが自らライタもかけてくれました。
最初からライタも別皿で出してくれたら尚嬉しいです。

ブナはビーフのみ。
辛さはインドの辛さでとお願いしました。

出てきたのを見てみると想像していたブナとはかなり違うスタイル。
トマトが強いんです。
辛さもそこそこありましたが、カイエンペッパーの直線的な辛さで。

期待していたものとはだいぶ違ったのですが、味付けのバランスが良いからか、これはこれで良いかと思えるものに仕上がっていました。

壁には可愛らしい絵が大きく描かれており、カフェ的な雰囲気。
接客も厨房もインド人。全員コルカタの方だということだったので、ベンガル料理は無いかと聞いてみたのですが、レギュラーメニューにはこれぞというものはありませんでした。
ただ、予約をすれば作ってくれるということです。

シェフは六本木ババフッカで腕を振るっていた方など、日本のインド料理店での経験も長いようです。
だからこその日本人向け感もあるのですが、頼み方次第で楽しさが変わりそうなお店です。
是非皆さんベンガル料理を頼んでみてください。
そしたらもっとレギュラーメニューでも出してくれるようになるかもしれませんから。

期待値も大きいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


町屋「プージャ」フィッシュターラ


マトンのセミドライカレー


町屋の名店健在です。
東インド料理に特化したお店という非常に尖った立ち位置であり、町屋という、住んでいる人や働いている人でない限りまず行かないのではないかと思える街の中にありながら、しっかりと続いていて、その味もブレることなく美味しいままというのは本当に奇跡的なことだと思います。

今回はカレー仲間のリクエストにより、ここに連れて行った形になったのですが、食べたのはフィッシュターラとマトンのセミドライカレー。
メニューは以前と多少の差はあったものの、やはり東インド、ベンガル料理というこだわりはまったく変わっておらず嬉しくなります。

味は相変わらずの美味しさ!
マトンが男らしすぎて良い感じ。骨付きをむしゃぶりつく美味しさって特別なものがありますね。
フィッシュターラの魚は、この日は鯛だったのですが、これがまた美味しくて。
たんぱくな白身魚にしっかりスパイシーなカレー。じゃがいものホクホク感もたまりません。
ダルがかなりギーがきいていて、これがまた箸休め的な美味しさになっていて。

凄いなぁ。

しかもこれ、日本人が作っているんですから本当に驚きです。
日本人男性とインド人女性のご夫婦のタッグ。
素晴らしいです。

相変わらずディナータイムは平日だとお客さんがほとんどいなくて不安を覚えるわけですが、マニアなら是非行くべきお店ですし、近隣の方は定期的に通っていただきたいです。
このお店がなくなったら寂しいですから。
ちなみに一緒に行ったカレー仲間はカレー的にはまだそれほど詳しいわけではなく、様々な美味しいものが好きで、その中でカレーも好きという感じの一般的感覚を持ち合わせた人だったんですが、その人曰く、「今まで連れて行ってもらったお店の中で一番美味しかった!」ということだったので、一般的な方にも美味しいと思える料理であることは間違いありませんよ。

評価:★★★★

カレー日記


神保町「SAINO」チャナマサラ


マライティッカ


ネパール人によるインド的カレーとその他アジア料理のお店、所謂インドネパール系のお店は、どこもかしこも味が同じような感じで個性も無く、また、そのようなスタイルが多すぎるくらいに多いのでカレーマニアには馬鹿にされてしまうことも少なくないのですが、数が多いが故に一般層からすると一番わかりやすいインドカレーがインドネパール系のそれであり、また、インドカレー以外にもタイ料理やら何やら色々あるのでエスニック料理が食べたい時には重宝することもあり、商売的には固いと言われています。

インドネパール系のお店の中にも時々当たりはあるので、それを探すようにして様々なお店にトライするようにしているのですが、当たりではないとわかっていても行くお店や、当たりではないことを確認しても尚再度行くお店がたまにあります。

こちらのお店もそれ。
味はごくごく普通です。
可もなく不可もなし。個性もなし。

しかし、味ではない部分で素晴らしいところがあります。
それは何かというと、ドリンクの安さ!
ウーロンハイ、ハイボールはなんと100円!
その他のお酒も軒並み通常のお店の半額レベルであり、飲み利用せずにはいられないお店となっています。

インドネパール系のお店は不思議とお酒が安いお店が多いので、他にも味は普通と知っていても何度か通っているお店はあるんです。
しかしここまで安いのは初めて。
インドネパール系のお店でせんべろできますからね。

このようなお店で何を食べれば良いかというと、カレーでいえばチャナマサラがおすすめ。
豆のドライカレーなんですがこれが酒のつまみに良く合うんです。

他にはモモも良いですね。
ネパールの小籠包的料理です。
モモも大外れはなかなか無い料理なので、間違いないと思います。

ここのお店でいうならモモよりもマライティッカがおすすめ。
安くて大ぶりのマライティッカ。おつまみに最高です。

カレー激戦区神保町の、しかもカレー激戦区である通称カレー通りに存在するお店の中において、味では他に引けを取りますが、そのドリンクの安さでぶっちぎりの一位なので、使い勝手は十分にあります。
また飲みに行きたいですね。

評価:★★★

カレー日記


上野「シターラダイナー」モーニングカレーライス(野菜)


上野駅構内エキュート3階にあるインド料理のお店です。
シターラといえば表参道に本店を構え、本店は日本でも1、2を争うレベルの高級インド料理店ですが、駅ナカや駅ビルなどに廉価版の支店を出しています。

こちらも駅ナカの廉価版シターラなのですが、他のシターラとさらに違うところがあります。
それはモーニングサービスをやっているということ。
7時から開店しており、11時までモーニングメニューがいただけます。
カレーパンとドリンクのセットも気になったのですが、カレーライスが520円という安さだったのでそちらをお願いしました。

カレーは野菜かスパイシーチキンのどちらかをセレクト。
野菜にしてみました。

にんじんとゴーヤがメインの野菜カレー。
シターラらしい味で美味しいです。
万人受けする方向性ですね。
これにライスがついて520円はやっぱり安いですよ。

店内はセルフサービス方式なのですが、インド人女性店員さんの接客も素晴らしく、流石シターラだなぁと感じる点も多かったです。
旅立つ前の朝カレーに良さそうですね。

評価:★★★☆

カレー日記


新小岩「トムズカレーカフェ」豚バラカレー
新小岩駅前にあるお店です。
表から見るとフォルケッタというお店なのですが、裏口にまわるとトムズカレーカフェの看板が。
同じ建物で中で分かれているのかと思いきや、中もつながっているのですが、1階がフォルケッタで2階がトムズカレーカフェということでした。
厨房にはインド人らしき方がお二人。
まずカウンターで注文です。
インドカレーメニューと日本式カレーメニューの2つがあったのですが、おすすめを聞いてみたらやはりインドとのこと。
しかし普通のインドカレーではつまらないので、ちょっとひねって豚バラカレーにしてみました。
ライスかナンか選べるのですが、ライスを少な目オーダーで。
ドリンクもついてくるとのことだったのでアイスコーヒーで。
2階に上がり待っていると持ってきてくれました。
カレー、サラダ、ライスの1プレート。
カレーはごくごく一般的なインド的カレーに豚バラ入り。
辛めでお願いしたのですが、ぼちぼち辛めで想像通り。
味は可もなく不可もなしといったところですが、ドリンクもついてディナータイムで1000円しないので、値段には見合っているかと思えるものでした。
立地の良さを考えればお得かな。
ドリンクだけでもOKとのこと。
使い勝手は良さそうです。
評価:★★★

カレー日記


青物横丁「マサラ」Bランチ(マトン、サーグチキン)


大森にある北インド料理店の系列のお店です。
大森店は高級感も感じるお店ですが、こちらは駅前のインドカレースタンドといった雰囲気。
メニューの種類もかなり絞ってセットメニューメインの様子。

ランチタイムに訪問し、カレー2種を選べるセットをいただきました。
カレーはマトンとサグチキンをセレクト。
焼き物も一緒につくセットがあれば良かったんですが、それは無く、焼き物は単品オーダーしないといけないようです。
ランチタイムはタンドリーチキンもシークケバブも350円でしたが、セットにさらにつけるとなるとランチとしてはちょっと高めになってしまうので今回は我慢。

というわけで焼き物はつきませんでしたがサラダとライスとナンとラッシーがついて1000円しません。
カレーを食べてみればどちらも予想よりちゃんと北インド味で美味しいじゃないですか。
マトンは辛めで、油にマトンの風味やスパイス感がしっかりと行きわたっており、サグも不自然な緑ではなく、自然な色合いと自然な味わいで、チキンも大き目なのが入っていて嬉しい感じ。

この味ならこの値段でも十分満足です。
食べている間、老若男女様々なお客さんが来ていたのですが、駅前ということもあり、地元の方々に受け入れられているんでしょうね。
わざわざ遠方から行く程ではないかもしれませんが、近隣在住、在勤の方や、近くに用があった時に寄るには良いお店だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


西武新宿「ソーラスパイストウキョウ」ソーラベジタブルカリー、職人のタンドリー3種盛り


東宝ビルの一階、以前はコバラカフェがあった場所にできたインド料理店です。
コバラヘッタ、コバラカフェはインドカレーのチェーンであり、個人的にはどちらも正直言うと微妙な印象なのですが、こちらソーラスパイスも同じ会社の運営のようです。
ここ以外には川崎のアゼリアにもできたようで。

一抹の不安を感じながらも行ってみました。
頼んだのは店名を冠したソーラベジタブルカリー。
そして職人のタンドリー3種盛り。

タンドリーはチキンティッカ、フィッシュティッカ、シークケバブの3種。
木の皿というか板の上に焼き物と一緒にパウダースパイスとレモンが乗り、ミントソースもついてきます。

食べてみるとなかなかの美味しさ。
コバラ系は微妙ですが、以前ここにあったコバラカフェは、コバラ系にしては頑張っているなと感じてたのが、さらに頑張ってるというか、普通にちゃんと美味しいんです。

カレーもなかなかどうして美味しいじゃないですか。
様々な野菜が入っており、ソーラというのは16という意味なんだそうですが、16種類の野菜が入っているとか。
インドカレーにはあまり使うことの無さそうな野菜も少しずつ入っており、何が入っているかは食べてみてのお楽しみですね。

味付け的には人気のある北インド料理店のリッチな味わいに近づけており、おおきくいえばダバインディアやカイバルなどのベクトルで、それを目指しているのかなと感じる部分もちらほらありました。
メニューにチーズクルチャもありましたし。

値段は場所柄もあるのでしょうが安くはないんですが、この味であれば納得。
店内は外国人客で賑わっており、外国人店員さんの丁寧な接客も相変わらず。

企業努力を色々と感じました。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード