カレー日記


目白「ブリボン」ビーフカレー


目白駅近くにある欧風カレーとハーブ料理のお店です。
まずお店のHPから引用です。

---
BRIBON(ブリボン)のお料理は、フォン・ド・ボライユをベースに、たっぷりのお野菜とオリジナルスパイスをじっくり煮込んだ低カロリーの欧風カレーと食材を引き立たせ薬効効果も高いハーブを使った前菜からメイン料理の数々
これらを中心とし、体に優しいお料理と心に優しいサービスをお届けして皆様のオンリーワンのお店になれるよう精進して参ります。
---

僕が余計な説明をするより、この文章がこちらのお店の全てを表しているといえるのではないかと思います。

と言って何も書かないではレビューの意味も無いので、いただいたものの感想をごく簡単に。

ランチタイムにビーフカレーをいただきました。
1500円でしたがA4ランクの和牛使用ということやサラダが2種類つくこと、ご飯は玄米であることなど、まさに上記のお店のコンセプトをしっかりと感じさせるクオリティ高いもので、値段にも十分納得のいくものでした。
チキンカレーを頼めば1000円しないので、それでも満足できそうです。
また、日替わりのカレーもあったので通っても飽きがこないでしょう。

ヘルシーな欧風カレーであり、まろやかで奥深い味わい。
肉の美味しさも確かなものでした。
女性客が多かったのですが、女性受けしそうな独特の欧風カレーという感じ。

ご飯が最初から少な目なので、大食漢の男性には少し足りないかもしれませんが、ヘルシーということを考えればこれで良いし、これが良いんです。
実際サラダが2つあったので、男性の僕でも食べ終わると十分満足感があり、足りないという気持ちはまったく残りませんでした。

素敵なお店ですね。
また行って他のカレーや他の料理もいただいてみたいです。

評価:★★★☆

カレー日記


春日「フリッツ」ドライカレー


ちょこっとカレー


いちごと生ハムのサラダ


ひとくちひれかつ


えびかつ、メンチカツ


その昔赤坂見附にあったとんかつの店フリッツ。
とんかつの店でありながらカレーやラーメンまで出し、その全てが美味しかったお店です。

個人的にもかなり好きな味で、マイカツカレーランキングでもトップ3には入っているお店でした。

それが無くなってしまい残念に思ったのが2011年のことなのでもう5年以上前なんですね。
時がたつのは早いものです。
その間にフリッツ出身の方が腕を振るうポンチ軒ができ、こちらも非常に美味しいお店でフリッツの抜けた穴はほぼ埋められていたのですが、やはりフリッツとはちょっと違っていて。どっちが良いというわけではなく、どっちも良いんだけれども、フリッツの良さを味わえるお店はやはりもうないのかと思っていると、春日にいつの間にかできていたことを知り、行ってきました。

ディナーメニューにカレーは基本的に〆のちょこっとカレーしか無いのですが、友人と二人で予約した際に、友人がランチメニューのドライカレーを食べられないか交渉してくれまして、お店も快諾してくれたそうで、夜にもドライカレーをいただくことができました。

そんなわけでいただいたものをそれぞれ簡単にまとめていきます。

・いちごと生ハムのサラダ
生ハムと果物の相性が意外と良いのはメロンで証明済みですが、いちごも合うんですね。
バルサミコ酢ベースのドレッシングが野菜とも果物とも肉とも合い、美しくて美味しいサラダでした。

・揚げ物各種
店名の通り揚げ物メインのお店ですから揚げ物も色々と。
ひとくちひれかつは豚肉の身がギュっとしまっていて、サクサクでフワフワの衣の中から弾けそうな勢い!
これがフリッツのとんかつですよ。最高に美味しいです。
えびかつも同様にぷりぷりの海老が弾けそう。
メンチカツは箸を入れると肉汁が溢れ出てきて。
どれを食べても絶品です。
オーダー入ってから衣をつけて揚げるというスタイルなので時間はかかりますが、だからこその美味しさです。

・カレー
ドライカレーはほんのりとほろ苦さがあり、肉の旨味を引き立てる為のスパイス感。
肉が中心のドライカレーでありキーマカレーなわけですが、こういうスタイルのドライカレーって意外とあまり無いと思います。
そしてそれがちゃんと美味しいのだから流石。
ちょこっとカレーは昔赤坂で食べたフリッツのカレーでした。鶏ガラスープがベースのサラサラなカレーなのですが、山椒など和のスパイスも使ってあり、だからこその独特の美味しさ。
揚げ物と一緒に食べると最高です。

やはりどれを食べても美味しいお店でした。
これぞフリッツ!
ディナータイムはお値段少々張りますが、お店の雰囲気や接客も考えれば十分以上に満足。

がっつりお手軽に食べたいならランチタイム、ゆっくりと贅沢な時を過ごしたいならディナータイムが良いでしょうね。
とりあえずまたランチタイムにカツカレー食べに行きたいと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


麻布十番「カシュク」鯖のフィッシュカレー(雑穀米)コース


サラダ、チャイ


キョフテ、フムス


ヨーグルト


インフルエンザ大流行中。
僕のまわりでもパンデミックが起きています。予防に良い食べ物を調べてみると、青魚やヨーグルトが効果あるんだそうです。

青魚、ヨーグルトで思い出したのがこちらの鯖のフィッシュカレー。
予防がてら久しぶりに食べに行ってみました。

せっかくなのでコースで。
コースといっても1700円というお手頃価格です。
ライスを雑穀米にできるようになっていたので、料金追加で雑穀米に。

前菜のサラダ、フムス、キョフテは相変わらずの美味しさ。
トルコ料理ですが、現地そのままの味というよりは、それよりも上品で優しい味で、こちらのお店の雰囲気にもぴったりなんです。

そしてメインの鯖カレー。
鯖のグリルは火の通し具合も完璧で、まずは鯖とご飯でいただきます。
これだけでも美味しい!
しかも雑穀米が普通の雑穀米とは違う雑穀の組合せ。

キヌア、ワイルドライス、もち麦、ブルガー、アマンサラス、ファッロ、ヘンプシードの7種というこだわりの雑穀米なんです。
健康にも良いですね。

そしてただでさえ美味しい鯖のグリルと雑穀米にカレーをかければさらなる美味しさに!

欧風カレーをベースとしたカレーなのですが、やはり上品で優しい美味しさ。
こちらのお店は接客もお店の雰囲気も含めて全体的に上品で優しいんです。
しかも気取った上品ではなくて、自然体の上品なので気負わずに行くことができるのも嬉しい所。

麻布十番にはなかなか用事が無いのですが、ここに行く為だけに電車乗り継いで行くくらい好きです。
わざわざ行って損の無い名店ですよ。

評価:★★★★

カレー日記


秋葉原「浜勝」濱かつ生まれのカツカレー+チキン南蛮


ヨドバシアキバのレストラン街にあるとんかつ専門店です。
チェーン店ですが思い返すと行ったことがなかったかも。
カツカレーがあるようなので入ってみました。

カレーメニューはカツカレーひとつだけ。
キャベツと漬物もつき、ご飯が雑穀米か白米か選べるということです。
雑穀米でオーダー。

単品でその他の揚げ物もトッピング的に追加できるということで、チキン南蛮をつけました。

まずキャベツから。
自家製ドレッシングをかけて食べてみるとこのドレッシングがなかなかの美味しさです。
もりもりと野菜を食べられるドレッシングですね。

カツを食べてみると普通でしたが、カレーは普通のカレーでありながら少々辛めに仕上げてあるのが良いです。
カツのソースとしては良いと思います。
そしてチキン南蛮。
これ、なかなか美味しいですね。

というわけで、肝心のカツこそ普通だったものの、他が色々と悪くないのでトータルで考えればアリかと思います。
本当に美味しいカツが食べたいという人はそもそもチェーン店には行かないでしょうし。

評価:★★★

カレー日記


京橋「モルチェ」南部どりのカレー


人気インドカレー店ダバインディアのすぐ近くにあるビルの地下にあるお店です。
洋食のお店なんですが、なかなかの広さ。
ランチタイムに行ってみると店内でちょっとした行列ができていました。

しかし店内見渡してみると空席はそれなりにあるんです。
それでいてなかなか案内されないのでしびれを切らして出ようと思ったところでようやく案内が。
それが元々空いていた場所であり、しかもまだ食べ終わったお皿が片付けられていない状態。

うーん。。。
店員さんの数は十分に足りていたように思うんですがねぇ。
タイミング悪かったのかな。

頼んだのは名物らしい南部どりのカレー。
カレーメニューはこれだけでした。

骨付きの南部鶏は皮がパリっとした状態に焼き上げられていてなかなかの美味しさ。
カレーはその鶏の為のソース的な役割でしょうか。
カレーとしては色々と足りないのですが、鶏肉を引き立てるソースと考えればわかります。

お値段1300円。
1300円のカレーというと一般的な認識としては高い方かと思います。
個人的には美味しいカレーであれば2000円だろうと3000円だろうと高いとは思わないんです。
こちらのカレーはどうだったかというと…
点数を見てください。

評価:★★☆

カレー日記


末広町「タケル」旨馬丼、ブラックカレー


末広町に時折行列ができていることもあるステーキ専門店があり、気になっていました。
外看板を見るとカレーもあるということで。
ある日こちらを通ると行列がゼロ。
しかもカレーライスがメニューに登場したと看板に書いてあるじゃないですか。
ナイスタイミングだとばかりに飛び込みました。

行列こそなかったものの店内は満席。
やはり人気店なんですね。

券売機で食券を購入するシステムなのですが、カレーライスを探している途中に限定メニューの旨馬丼という、馬肉ステーキ丼を発見してしまいました。
馬肉、好きなんですよ。

どうしようか迷った結果、どっちも食べれば良いということで、旨馬丼にカレールーのトッピングでいっちゃいました。

旨肉丼は馬肉たっぷり。グラムを選べるので一番小さい200gにしたんですが、食べている感じだとそれ以上あるようにも思えました。
レア状態の火入れで、ソースはマスタードとマヨネーズを使用したもの。
これがなかなか美味しいんです。

カレーもカレーでクオリティ高いんですよ。
牛すじ肉たっぷり。濃厚な黒カレーは、ステーキ屋のカレーとしてよくあるタイプながらそのクオリティ高いやつと言えましょう。

丼にかけて食べればまた新たな美味しさ。
楽しいなぁ。

合わせて1300円オーバーとなりましたが、その値段も十分に納得の豪華ランチでした。
食べ終わって店を出るとちょこっと行列が。
また行列の無いタイミングで行ってみたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


錦糸町「カレーショップイトウ」ビジネスランチ(チキンソテークリームソース)+カレー


錦糸町駅と両国駅のちょうど中間くらいに位置する昔ながらのカレー屋さんというか洋食屋さん的なお店です。
看板にはOLD FASHION CURRY SHOPと書いてあります。
なんだかカッコイイです。

メニューはカツカレーやオムカレーなど単品カレーと、ビジネスランチという日替わりの洋食の定食。
そのビジネスランチに50円追加するとライスがカレーになるというナイスサービスが。

ビジネスランチにカレーで確定です。
この日のランチはチキンソテークリームソース。
スープもついてきます。
スープはコショウがきいたセロリのコンソメスープ。
素直に、純粋に美味しいです。

そしてチキンソテー。
クリームソースというのでシチュー的なソースを思い浮かべていたのですが、見た目は赤。
トマトも使っているようです。
焦がしバターの風味が良く、街の洋食屋としてもおしゃれな味。

マスターはお爺さんといえるくらいのお歳に見えるのですが、1976年からこのお店をやっているそうで、40年選手の大ベテラン。

カレーも美味しいんです。
オールドファッションという言葉が確かに似あう、昔ながらのカレーでありながら、適当な昭和の家庭カレーではなく、確かなプロの味。
欧風というわけでもなく、洋食屋カレーの美味しいやつなんです。

味のベクトルは違うのですが、お店の方向性としては大好きな高田馬場のキッチンニュー早苗にも近い雰囲気。
そしてカレーの味でいえば北新宿のキッチン早苗のカレーになんとなく近いんです。
両早苗も、こちらのお店も、どこも素晴らしい昭和洋食屋。

平日昼のみの営業のようですが、近くにこんなお店があったら週一で通っちゃうだろうなぁ。
好きです。

どうぞ長生きして、無理しすぎない範囲でお店を続けてくださいませ。

評価:★★★☆

カレー日記


麹町「サロンドカッパ 番町店」番町スペシャルカレー


世界で最もカレーを食べない国といわれているのはイタリアなんですが、こちらはイタリア料理店が出す黒カレーが独特の美味しさで評判となり、その2店舗目なんです。
夜は別のお店になるようで、ランチタイムのみ。
メニューはカレーもありますが、他にもパスタ、洋食系プレートなどがありました。

本店からも徒歩圏内なのですが、こちら限定メニューの番町スペシャルカレーをいただきました。

これはサロンドカッパの黒カレーの、所謂全部乗せ的なもの。
名物のハムカツ、エビフライ、ハンバーグ、目玉焼き、彩り野菜、チーズ、ピクルス、ビーフカレーが一皿に。
全部乗せカレーでありながら、お子様ランチというか大人様ランチというか、いうならばこれはもうカレー様ランチ!

揚げ物も重くない仕上がりで美味しいですし、元々入っているビーフカレーも良い感じ。
カレーの温度が本店同様少々気になるところではあったのですが、トータルで考えれば十分満足。

1500円しますが、13時以降はドリンクサービスもあったので、元はしっかり取った感じ。

所謂欧風カレーとはまた違う、オリジナルの洋食カレー。
このようなカレーってありそうでなかなかないんですよね。
というか減ってきた気がします。
カレー屋自体は増えてきているんですが、このようなスタイルのお店は今となっては貴重。
このまま頑張って欲しいですね。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「三笠會館」カレーランチ


銀座の老舗洋食店三笠會館。
本店はフレンチ、中華、日本料理と、様々な料理をいただける高級レストランですが、こちら池袋パルコにあるのはよりカジュアルな洋食を中心としたお店です。

デパートの飲食店街の中にあるのですが、サービスの質は流石三笠會館といえる丁寧なもの。

ランチタイムにカレーをいただきました。
夜でもいただけるインド風チキンカレーライスなのですが、サラダがついてくるのがランチのお得なところ。
カレーはインド風といってもインド料理というわけではなく、インド的洋食カレーです。

新宿の中村屋のインドカレーに近いんですが、もっと欧風っぽさが強いといいますか。

骨付きチキンのみならず砂肝も入っているのが面白く、味的にも食感的にも変化が出て良いですね。
ドレッシングの美味しさも流石。ごぼうチップスが入っているのが良かったです。

デパート飲食店としてはかなりのクオリティ。
値段は1500円とランチとしては高めですが、その分満足度も高いです。
三笠會館の名前は伊達ではありません。

評価:★★★☆

カレー日記


東武練馬「ファミーユ」おつまみカレー


カレー煮込みハンバーグ


旬野菜のヘルシー串


東武練馬駅南側の線路沿いにあるカレーバーです。
看板にカレーバーとあったのですが、ダーツができたりして地元の常連さんの集まる憩いの場という雰囲気。

昼はカレーライス、夜はカレーとおつまみというスタイル。
野菜推し的なことも書いてあったのですが、野菜メニューはあまりなくて肉系が多いです。

おつまみカレー、カレー煮込みハンバーグ、旬野菜のヘルシー串をいただきました。

串は普通に美味しいという感じ。
おつまみカレーはなかなか良いですね。
トマトベースで小麦粉不使用の、ちゃんと作ってあるカレーでした。

一番美味しかったのはカレー煮込みハンバーグ。
煮込みというほど汁気は無かったのですが、カレーのスパイスで焼いたハンバーグは、思わずご飯を頼みたくなってしまう美味しさでした。

店員さんの男性人がイケメン揃いなのも女性には嬉しいことでしょう。
地元に住んでたら通いたくなるようなお店でした。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード