カレー日記


沼袋「キッチン南海」カツカレー、サーモンフライ


キッチン南海は神保町に本店のある洋食屋。チェーン店ではなく暖簾分けという形で各所にお店があります。
こちらの沼袋店はその中でもかなり古い方だそうで。

店内はカウンターメイン。テレビ放送が流れていて昔ながらの洋食屋という雰囲気です。
老夫婦の経営で、旦那さんが調理、奥さんが接客。

3月のサービスでカツカレーが通常より50円引きの650円だったのでカツカレーを注文しました。
追加メニューにサーモンフライ350円があったので、それも一緒にしてちょうど1000円。
南海にも色々行っていますがサーモンフライは珍しいので。

カレーは黒っぽいですが本店のような真っ黒ではなく、茶色がかった黒みというか濃い茶色というか。
それでいて味は本店に遠からず、独自の立ち位置ですね。
池袋ほど独特ではなく、下北や駒場よりもうちょっと本店に近い感じの。
早稲田くらいのイメージでしょうか。

揚げ物は南海らしいふわふわサクサク。
味噌汁もついてくるのが嬉しいです。

食べているとマスターが「サーモンフライどうだい?」と気さくに声かけてくれました。
「美味しいです!」と答えると「そうかい美味しいかい」と優しい笑顔。
奥さんも水をついでくれる際にその丁寧さと優しさがうかがえて。

素敵なご夫婦だなぁ。
他の南海同様、味も良くて値段も安いのですが、このご夫婦の雰囲気が何よりも素敵な南海でした。

評価:★★★☆

カレー日記


門前仲町「九炉馬」馬ひき肉キーマのドリア


ザブトンステーキ


桜ユッケ


かつて新宿西口にちび九炉というお店があり、そこに馬肉のキーマカレーがあって、それがなかなか美味しくて気に入り、また行こうと思っていたのですがいつの間にか閉店。
残念に思っていたのですが、その姉妹店が門前仲町で今も営業しています。

ディープな飲み屋街エリアにあるこちらの店名は九炉馬。
馬肉料理メインのバルとでもいいましょうか。
馬肉のキーマドリアはこちらにもちゃんとありました。

カレードリアと、他に頼んだのは桜ユッケ。そしてザブトンステーキ。
ザブトンは牛肉ですが焼き具合も程良く、タレもなかなかの美味しさ。
桜ユッケは軽く火が通った桜肉のユッケスタイルで、ちょっとしょっぱめな味付けが酒の肴にちょうど良いです。

馬肉キーマドリアは王道の美味しさ。
ずば抜けた何かがあるというわけではないのですが、値段が安めなのが嬉しいんです。

やはりこちらのお店も良い感じ。
また行かなくちゃ!
門仲は良い飲み屋が多くて困っちゃいますね(^^;)

評価:★★★☆

カレー日記


品川「ドンピエールジェット」ビーフカレー、コールスロー


品川駅前のビルのフードコート内にドンピエールが入っていたので行ってみました。
ドンピエールといえば京橋の人気洋食店。
カレーも実に美味しいんです。
東京駅にもカレーに特化したドンピエールがありますが、こちらはどんな感じかなと思って行ってみれば、フードコートだけあって全ドンピエールの中でも最も庶民的な雰囲気。

ビーフカレーとコールスローをいただきました。
ビーフカレーは牛肉の量こそ少な目なものの、味はドンピエールの名に恥じない、フードコートとしては十分のお味。
もちろん他のドンピエールと比べれば劣りますが、お値段もその分安め設定なので問題無いです。
コールスローがちゃんと美味しいあたりも流石。

駅から近くて便利ですし、フードコートなので気軽なのもまた良いです。
水族館やステラボールの近くなので、家族連れで行くのも良さそうですね。

評価:★★★

カレー日記


渋谷「肉山」肉山カレー


半年先でも予約が取れないという焼肉の大人気店である吉祥寺の肉山。
こちらは焼肉の美味しさもさることながらしめのカレーも美味しいんだとか。
そんな肉山のカレーが渋谷の東急フードショーでいただけると聞いて行ってきました。

テイクアウトのお店ですが、フードショーの中に立ち食いエリアがあるので、その場で食べることもできます。
せっかくなのでその場でいただきました。

牛すじとにんじんたっぷりのカレーは日本式のカレーではあるものの独特の深みが。
隠し味にカニを使っていると書いてありました。
メインは牛すじの甘味なんですが、確かにカニといえばカニの風味もあるようなないような。
カニの味がしっかりするというわけではなく、まさしく隠し味で、何が何だかわからないけど一味違うという、そんなカレーです。

このカレーが美味しい焼肉のしめで出てきたらそりゃ最高ですね。
こちらのお店は予約無しの待ち時間も無しで食べることができたので良かったです。

評価:★★★

カレー日記


西早稲田「桜レストラン&バー」特製ビーフカレー+チキンティッカ


マウンテンダイニングのあった場所にできていたインドネパール系のお店です。
2016年11月7日にオープンしたんだそうで。

マウンテンダイニング同様インドネパール系なのですが、メニュー見てちょっとびっくり。
イチオシメニューが特製ビーフカレーなんだそうで。
写真見るにソースポットにカレーが入っていて欧風カレーっぽいルックス。

それでいてチキンティッカやシークケバブのトッピングもできるそうで。
それだけじゃなく、カニクリームコロッケなんかもトッピングできるとあってもはや意味不明w

さらにメニュー見ると普通にインドネパール系のカレーもあるんです。
ナシゴレンやガパオまであるあたりアジアなんでもあり系インネパなんですが、ダルバートのような純粋ネパールなメニューはほとんど無く、逆にカツカレーはあったり、ハヤシビーフがあったりと、メニューを見れば見る程混乱していきますw

悩んだ結果、イチオシのビーフカレーにチキンティッカをトッピングでオーダー。

店内の雰囲気は前のお店と全く変わらないといって良いくらいに一緒。
店員さんは前のお店では女性の接客でしたが今回は男性の接客。どちらもネパール系と思しき方です。

出てきたビーフカレー、食べてみると見た目どおりの欧風カレーに近い方向性。
ソースポットに入っているだけでインドネパール系の味かなとも予想していたんですが、そちらより欧風カレーに近い味で、酸味があるのが個性的。
でもその酸味は嫌な酸味ではなく、不思議なんですが無難に美味しいんです。
チキンティッカはごくごく平均的なもの。
でもこれにサラダとドリンクついてディナータイム1200円。チキンティッカトッピングが150円だったので合わせて1350円なら悪くないと思います。

こういう意味不明さは嫌いじゃないので、また他のメニューも食べる為に行ってみようかなと思いました。
お酒も安かったので今度は飲み利用で。

評価:★★★



カレー日記


末広町「尹」Wソースオムライス(カレー、ビーフシチュー)


末広町駅と御徒町駅の間くらいにあるお店です。
ランチタイムはオムライス推し。
オムカレーやカツカレーなど、カレーもあったので入ってみました。

頼んだのはWソースオムライス。
ビーフシチューとカレーの両がけのオムライスだそうです。

オムライスは最近流行のふわとろ崩れタイプ上乗せではなく、チキンライスをちゃんとオムレツで巻いた昔ながらのスタイル。
こちらの方が作るのに技術が必要なんですよね。
僕はどっちも好きなんですが、両側にソースがかかっているこの形だと、このスタイルのオムライスの方が食べやすいです。

ビーフシチューはデミソースというよりはトマト的。
カレーは逆にちょっとデミっぽさもあり。
昭和スタイルなんですが、昭和のハイカラといいますか、今どきっぽくはないんですが今にも通用する味といいますか。

サラダもスープもついて普通サイズ800円なら文句はありません。
わざわざ遠方から食べに行く程ではないかもしれませんが、職場の近くにここがあったら2~3ヶ月に1回は定期的に行きたくなるような、そんなお店でした。

評価:★★★

カレー日記


成増「匠えん」ハーフ&ハーフカレー(欧風、野菜)


成増駅前の鉄板カレーのお店です。
匠えん。確か以前五反田にもあったアレだよなぁ。
といっても五反田の匠えんは気になってただけでいつの間にか閉店して結局行けずじまい。
成増でリベンジです。

欧風と野菜のハーフ&ハーフをお願いしました。
白米と玄米が選べるということで玄米で。

鉄板というかフライパンで供されるスタイル。
野菜がたっぷり。
某人気チェーン店を思い出しました。

しかしカレーが鉄板に焦げ付かないようにクッキングペーパーをしいた上に盛り付けられているので、これだと熱々具合だけ最後まで残って味は変わらないのは良いですね。
けど見た目的に紙をしいてあるのは違和感覚える人もいるんじゃないかなぁと思ったり。

野菜カレーも欧風カレーも味は悪くないです。
接客も値段も十分納得。
しっかりとした企業努力を感じます。

調べてみるとカレーにもこだわった定食屋フクラ家を展開する株式会社シオ井が運営するお店なんですね。
それにしても匠えんと良いフクラ家と良い、2017年1月現在それぞれ一店舗しかないんですね。
どちらも悪いお店ではないと思うんですが。

ひとつ思うのは、匠えんという店名がカレーっぽくなさすぎるということ。
それで「鉄板カレー」と頭に付けたんでしょうが、それにしてもです。
名前変えるだけで某人気チェーンまではいかずとも、3店舗4店舗くらいは安定してまわせそうなんですが。
五反田よりは成増の方が正解だと思います。
鉄板温める時間がかかるのでサラリーマンエリアよりは家族で行くエリアの方が合っていると思いました。

評価:★★★

カレー日記


新宿三丁目「ジーズバー」焼きカレー


新宿三丁目駅近くの飲み屋街にあります。
どん底の並びです。

北九州料理を中心に、色々と食べられるお店の様子。
門司港公式認定だという焼きカレーをいただきました。

できあがってカレーを出される際、店員さんが「こちらのお店はじめてですよね?」というので「はい」と答えると、焼きカレーの正しい食べ方を教えてくれました。

まず真ん中をスプーンで割る。
するとチーズの下から卵が出てきます。
その黄味をさらに割って、それをチーズの上に塗るようにして食べる。

これが正しい焼きカレーの食べ方なんだそうで。
説明しながら店員さんがその動きを全てやってくれたので、写真はその黄味を塗った状態です。

味はイメージ通りの焼きカレー。
カレーとチーズって最高に相性良いですし、カレーと卵もチーズと卵も相性良いので、美味しいに決まってます。

店内では占いもできるようで、占い師と思しき方も待機していました。

チャージが700円、飲み物の値段も700円前後がメインなので、安いお店ではないのですが、個性のあるお店です。

評価:★★★

カレー日記


飯田橋「インドール」豚肉のしょうが焼き、カレーライス


飯田橋駅近くにある昔ながらの洋食屋さんです。
まずお店の特徴として、めちゃくちゃ狭いんです。
カウンターのみの細長い、まさにウナギの寝床的な形。
椅子にお客さんが座ると、その奥に行く為には体を横にしてカニ歩きしないとぶつかってしまうような。
もし相撲取りが来たら奥まで行けないような。
そんなお店です。

名物は豚肉のしょうが焼き。
カレーもあります。
どっちにしようか悩んだらどっちも食べちゃえば良いんです。
だって合わせても1000円ちょっとなんですから。

というわけでどっちも。
しょうが焼きはしょっぱめの味付け。
江戸っ子はしょっぱいのが好きですからね。
むかしはこういう味のしょうが焼きでご飯いっぱい食べたんでしょうね。
そんな懐かしさを感じるもの。

そしてカレー。
意外と奥深く、辛めの味なのが良いじゃないですか。
昭和スタイルのカレーとしてはかなり好きなやつです。
北新宿のキッチン早苗のカレーにも通ずるような方向性。
ありそうでない美味しさなんですよね。

食べている途中で冷奴ならぬ温奴もサービスしてくれました。
これで1000円ちょいなら満足です。

ただ気になるのがお店の各所にある政治的メッセージ。
うーん。。。
こういうのがあると色々と考えちゃって純粋に食を楽しめないなぁ。。。

そこだけ個人的にマイナスポイントでしたが、あとは好きです。

評価:★★★

カレー日記


飯田橋「トレド」スペシャル


かつて神楽坂にあった継ぎ足しカレーのお店トレド。
一時閉店し、飯田橋で再開店したお店です。
カレーの継ぎ足しは再開店してからとのことなのですが、今もそのカレーは健在。

カレーだけでなくトルコライスもあり、迷った結果選んだのはスペシャル。
ドライカレーの上にカツと茹で卵が乗り、それに継ぎ足しカレールーをかけて食べるカレーonカレーのスペシャルカレーです。

カツはとんかつとチキンカツから選べるのですがとんかつにしました。

まずドライカレーから食べてみると、薄味の優しいドライカレー。
基本的にこちらのドライカレーはカレールーをかけることを前提に作られているようなので、そのバランスを考えての薄味なのでしょう。
カレーも奥深さのある優しいカレー。
豚肉の美味しさがルーに行きわたっています。
ジャンル分けするなら昔ながらの昭和的洋食カレーなのですが、独自性があり、優しいんです。

とんかつも揚げ具合が良く、肉厚。

ドライカレーONとんかつONカレーという、かなり油っこいものであるはずなのに、胃もたれすることもなくペロっといけたのは、全体的に優しい方向性に統一されているからなのでしょう。

接客も優しく、なんだかホッとするお店でした。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード