カレー 日記


門前仲町「チャオチャオ」牛すじトマトカレー餃子ランチ


大阪発の餃子チェーンチャオチャオ。
門前仲町の駅すぐ近くにもお店があるのですが、こちらのランチがかなり面白いラインナップで、気になって行ってみました。

餃子のお店ですから餃子は当然として、唐揚げや生姜焼きなどの定食。このあたりもまぁ普通です。
さらに牛すじカレーを推している。こうなってくるとちょっと変化球。
さらにさらに、限定でカオマンガイまで出している。これは珍しいです。

カオマンガイも気になったのですがカレーはひとつだったので牛すじトマトカレー餃子ランチを注文。
牛すじカレー、餃子、キャベツ、味噌汁がついて700円でした。
牛すじカレーはトマトベースでなかなかの美味しさ。
適当な業務用カレーでお茶を濁しているわけではなく、ちゃんとこちらのお店の味になっているところが良いです。
餃子は当然の如く美味しいですね。

カオマンガイについて気になったので聞いてみると、シェフが以前タイ料理店で働いていたことがあり、そこで作っていたものが元になっているんだとか。
それは本格的です。
ならば期間限定などでグリーンカレーも出してくれないかなぁ。

餃子とカレーの相性の良さは、みよしのやいわま餃子が証明しているわけですが、グリーンカレーと餃子の組合せってなかなか無いですから、そんなのがあったらまた行っちゃいますね。
夜にもカレー餃子があるようです。
ちょい飲みしに行こうかな。

評価:★★★

カレー日記


池袋「永祥生煎館」牛カレースープ、焼き小籠包


池袋北口からすぐ。
常に行列の絶えない小籠包のお店がこちらです。
小籠包より断然モモ派の僕ですが、何故こちらに行ったのかというとレギュラーメニューに牛カレースープがあるから。

いつか行ってやろうと思っていたのですがいつも行列。
午後の15時すぎに通りかかったらたまたま行列なしだったので入ってみました。

テイクアウトメインですが店内に少しだけイートインスペースもあります。
牛カレースープと焼き小籠包4個をイートイン。

牛カレースープは牛肉と春雨のスープ。
予想以上にカレー感があり、美味しいです。春雨が入っているので食べ応えもありました。

焼き小籠包は肉汁たっぷり。
熱々なので火傷に注意です。
卓上の醤油とラー油をつけて冷ましつつ食べました。
こちらも美味しかったのですが、ゴルベラアチャールが欲しくなってしまいました(^^;)

食べにくいのが難点ですが味は流石の行列店。
カレースープも予想以上に本格的な美味しさで満足。
接客も本格的な中国スタイルなのは、むしろ現地感増してOKですよねw

評価:★★★☆

カレー日記


門前仲町「ふう香」カツカレー


大通り沿いにある定食屋というか食堂というか、そんな雰囲気のお店です。
外看板にカレーの文字を発見したのでランチタイムに訪問。
店内はなかなか広く、サラリーマンらしき方々で賑わっておりました。

カレーはビーフカレーとカツカレーの2種類。
他は揚げ物系の定食がメインです。

カツカレーはサラダつき1000円。
そちらを注文しました。

サラダはキャベツやワカメの和風ドレッシングサラダ。
カレーは家庭的なカレー。
牛肉の薄切りも入っているので、ビーフカレーだとこのカツが無いバージョンという感じなのでしょう。

味はごくごく普通ですが、カツは手作りの揚げたてなのが良いですね。
こういう感じのお店は料理の味云々より、雰囲気だったり安心感を味わうお店ですね。
嫌いじゃないです。

評価:★★☆

カレー日記


築地市場「魚河岸食堂カレーコーナー」他人カレー


築地市場の豊洲移転は依然暗礁に乗り上げた状態ですが、築地は相変わらずにぎわっております。
幼少の頃より築地に所縁がある僕としてはこのままでも良いのではないかと思ったり。

こちら魚河岸食堂は豊洲に移転した後の築地のテンションを下げない為に、移転予定だったタイミングでオープンした新しいスポット。
結果的に2017年2月現在移転延期中なので、築地の他のエリアが相変わらずだからか、ここはそれほど盛り上がっていない様子。
しかしだからこそ今行くのが良いのではないかとも思うんです。

3階の魚河岸食堂はフードコート的スペースで、海鮮をメインに、喫茶、カレー、揚げ物、中華のコーナーがあります。
その中のカレーコーナーがこちら。

築地市場でカレーと言えば中栄が有名ですが、あちらは場内。
移転するのは場内で、場外は移転せず、こちらはその場外エリアだからこそなのか、場外のカレーの僕の好きなお店のひとつでもある鳥藤の直営なんだそうです。
個人的な好みで言えば中栄のカレーより鳥藤のカレーの方が好きなので嬉しい限り。

鳥藤といえば文字通り鶏肉のお店であり、絶品の親子丼、そしてそれにチキンカレーをかけた親子カレーも美味しいお店です。
こちらにも親子カレーはあるのですが、他人カレーなんてものもあったのでそれをいただきました。

他人というは他人丼の他人。
つまり牛肉の卵とじ丼です。それのカレーがけ。

場所的な問題もあるのでしょう。鳥藤の味そのままというわけにはいきませんが、同じ方向性の味であることは確か。
威勢の良い挨拶も築地的雰囲気を感じさせて、フードコートでありながら築地を味わえるのも良いじゃないですか。

フードコートなのでセルフサービス方式ですが、お値段分の価値は十分にあると思います。
豊洲に移転したとしても、しなかったとしても、築地の繁栄が続いて欲しいと思う地元民の一人です。

評価:★★★

カレー日記


鷺ノ宮「カレーや うえの」ロースカツカレー


西武新宿線の鷺ノ宮駅。
基本的には住宅街なので、住んでいる方やその所縁の方でないと降りない駅かと思います。
しかし日本的なカレーが大好きで色々と食べ歩いているという方なら、わざわざ電車乗って行って損の無いお店がこちらにあります。
カレーやうえの。
線路沿いにあるお店なので店内は電車が通り度に揺れるのがまた良い味になっています。

ルーは基本的に同じで具が違うというスタイルのいってみればカレースタンドなのですが、すべてしっかりこだわって手作りなのが信用できます。

いただいたのはロースカツカレー。
もちろんカツも揚げたて。
サラダもついて850円。

ライスの上にカツ。
その上からカレーをかけるのですが、揚げたての食感も残す為に半分くらいはカレーをかけないというのもわかっている証拠。

カレーの味は確かに日本的カレー。
昔ながらのカレーなのですが、これだけしっかりと深みがありながら重くないのは、色々とこだわって手間暇かけて作っているからこそでしょう。
家庭で作れそうで作れない味だと思います。

個人的にはスパイシーなカレーが好きなのですが、たまに家庭的なカレーも食べたくなります。
そんな時にはこういうカレーが良いですね。
美味しかったです。

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「東京jimbei」おでん屋のカレー+炙りチーズ


おでん屋のカレー(ルーのみ)、鶏の唐揚げ


早稲田通り沿いにできた東京jimbeiというお店。
おでんをメインにした飲み屋なのですが、こちらのランチがおでん屋のカレーという珍しいスタイルで頑張っているんです。

おでんとカレーって合うの?と思う方も少なくないと思いますが、これが合うんです。
僕は自宅で料理する際に余り物のおでんをカレールーとガラムマサラ合わせておでんカレーにして食べることがよくあるんですが、簡単で美味しいんですよ。

そんなおでんカレーをお店で味わえるのはありそうでなかったこと。
店頭はお姉さんが一生懸命呼び込みをしています。

そして店内ではまた別のお姉さんが一生懸命調理を担当。
おでん屋のカレーはワンコインの500円。
安いですね。

チーズのトッピングがおすすめということだったので、トッピングしてもらいました。
おでんは玉子、ちくわ、大根、ちくわぶ、白滝、こんにゃく、がんもどきなんかが入っている完全なるおでん。
これに日本的な家庭的なカレールーが合わさります。
おでんの出汁と一緒になっているので優しい和風カレーですね。
チーズで濃厚にもなり、ご飯の量がそれなりにあるのでお腹一杯になりました。

肉系が欲しいところだったのですがそれが無かったので、店員さんに肉があったら良いなぁという話をしたら、ちょうど今後出すつもりで考えていたという話。
調理の子も呼び込みの子も、とにかく一生懸命な姿だったのでまた数日してから行ってみました。

二度目の訪問。
頼んだのはおでんカレーのライス抜き。
ライス無くてもおでんカレーだと食べた気になれるんで減量中には良いんですよ。

そして有言実行で鶏の唐揚げがその日のお惣菜メニューにあったので、そちらも一緒に。
唐揚げはニンニクがきいていてパンチのある味。
優しいおでんカレーと合わせても良いですし、それぞれ別で食べてももちろん良いです。

個人的な趣味でいえばおでんカレーがもうちょっとスパイシーだと嬉しいのですが、たまにこういう日本的なカレーや家庭的なカレーが食べたくなる時があるんです。
そんな時にはちょうど良いお店かと思います。

評価:★★★

カレー日記


飯田橋「カレーにっぽん」ハーフフライドチキンカレー+ツナ


お店とは関係ないことから書き始めますが、僕には「そのお店でカレーが食べたいが為それだけの理由で電車に乗ってわざわざ行ったのに臨時休業などで食べられない」ということがよくあります。
それはもうよくあります。
カレー食べ歩きをしている方には割とあることだとは思うんです。
こだわりカレーのお店って不意に休みがちですから。

この日は臨時休業ではなく、貸し切りで目当ての店に入れませんでした。
しかしよくあることなので補欠として考えていた店へ。
そしたらそこもまさかの貸し切り。
貸し切りが二つ続くなんて珍しいなぁ。ならば安定のチェーン店へ行こう。
ということでそこへ行ったら、二度あることは三度ある。まさかまさかの貸し切り。。。

ついてないのでもうカレー専門店にこだわらず、カレー系おつまみが気になっていた店に行こうと、そこまでさらに歩いて行くと。。。






そんなことが4回続くなんてあるんですね。。
だったらもうさっき貸し切りだったチェーン店の別店舗が近くにあったからそこへ行こうと、お店の前まで行くと店員さんが店頭に。
目が合うと「ドウゾー」と。

やっと、やっとカレーが食べられる!

そう思って店内に入ったら、、、満席で食べられないじゃないですか!
だったら呼び込むなよ!

心がぽっきりと折れ、確実にやっているであろう確実に美味しいお店へ行こうと歩き出しました。
その途中で目に入ったカレー屋。
それがこちら。
前からここにできたのは知っていたのですが、嫌な予感はしていたので行ってなかったんです。
しかしこの日は寒く、心が折れていた。
目当ての店に行ってもしやっていなかったらどうしよう。
だったら確実に今やっているここで食べるのも良いではないか。
そんな時じゃないと行かないだろうし。

と思って入りました。
メニューを見てびっくり。某巨大カレーチェーン店のメニューとほぼほぼ同じ。
もしかして店名が違うだけで経営は同じなんじゃないかと思うくらいに同じ。
調べてみると違う会社のようです。

やはり見つけた時に感じていた嫌な予感は的中かと、どうせならその巨大チェーンとまるで同じようなメニューを頼んでみようということで、フライドチキンカレーのハーフを2辛で。ツナトッピングでお願いしました。
ハーフのカレーにはドリンクがついてくるところまでご丁寧に同じで、ここまでくると恐縮です。よくわかりませんが(^^;)

食べてみるとカレーの味は違いました。
個人的な好みですが、某巨大チェーンの味がそんなに好きではないんです。万人受けする味のようで個性がありますからねあそこのカレーは。
そんな僕からすると、こちらのカレーの方が個性が無くて食べやすかったんです。

しかし、ここまでメニューを同じにして良いものなのかなと色々ともやもやしたわけです。
音楽の著作権について色々と取りざたされていますが、料理には著作権のようなものが無いのでパクり放題です。
愛のあるインスパイアなら良いんです。
でもここはどうなんだろうなぁ。。。

もやもやしながらとぼとぼ歩き、先に行こうと思っていた店の前を通ったら営業していました。。。
そんな日もありますね(^^;)

評価:★★☆

カレー日記


仲御徒町「金龍源」鶏肉のカレー炒め


ラム肉のクミン味炒め


カレー屋で場所を説明するなら、ラッフルズカリーの向かい。
シックダールの並びにある中華料理店です。
店頭看板にカレーの文字を発見したので入ってみました。

カレーメニューは鶏肉のカレー炒めのみ。
しかしラム肉のクミン味炒めという、カレー好きならきっと好きであろうメニューもあったので、そのふたつをいただきました。

鶏肉のカレー炒めは賽の目くらいの大きさに細かく切られた鶏肉とピーマン、玉ねぎのカレー味炒め。
お酒のつまみにも良いですし、メイン料理のもう一品追加にもちょうど良さそうな一皿。
値段も500円と安いのが嬉しいです。

ラム肉の方はクミンシードたっぷり。やはり赤青ピーマンと玉葱と一緒に炒められていてカレー炒めとかぶってしまいましたが、ラム肉は細切りのものがたっぷりと入っており、これをカレー味にしたら最高なんじゃないかなと思うような炒めものでした。

値段も全体的にリーズナブルでしたし、味もなかなか。
食事にも飲みにも良さそうなお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


築地市場「おにぎり屋 丸豊」ドライカレー


築地の場外市場にある人気おにぎり屋です。
大きな割にお値段お手頃で行列の絶えない人気店です。

こちらにドライカレーのおにぎりがあるということでお土産でいただきました。
カレー味のご飯に海苔。
チャーシューが入っているのがポイントですね。
チャーシューとカレーって合うんですよ。

築地でカレーおにぎりといえば東印度カレー商会のカレーおにぎりを真っ先に思い出します。
あちらもカレーで煮込んだ豚肉がドカンと乗っているスタイル。
値段はこちらの方が安く、ご飯の量はこちらの方が多いですが、あちらは豚の量が多く、カレーの味はしっかりしています。

どちらも好きなのでカレーおにぎりが築地名物として他のお店でも食べられるようになったら楽しいなぁなんて思いながらいただきました。

評価:★★★

カレー日記


新御茶ノ水「虎春屋」チキンカツマウンテンカリー


紅虎餃子房で有名な際コーポレーションのお店です。
際コーポレーションは中華系がメインでありながら様々な店名のお店を出しており、それぞれ少しずつ違うんです。
でもタイガー餃子とタイガー餃子会館とタイガー餃子軒とか、どの程度の差なのか、また、何故名前を変えているのか、よくわからないんです(^^;)

そんな際コーポレーションなんですが、僕がここの会社を好きな理由のひとつに「カレーを諦めない」という姿勢があるんです。
今までも色んなお店でカレーを出してきたんですがなかなか続かず、閉店してしまったお店やブランドも少なくないです。

それでも忘れた頃に色んなお店でカレーを出してくれるんです。
だから好きなんですが、そんな中、レギュラーメニューとしてちゃんとカレーがあるお店ができていました。
カレー激戦区の御茶ノ水エリアにある虎春屋です。

調べてみると虎春屋としてはこの神田駿河台店の他に、高円寺、中目黒、六本木と、2016年12月現在4店舗あるようです。
際コーポレーションとしては多い方でしょうか。

こちらも中華のお店ですが、イチオシメニューがチキンカツマウンテンカリー。
ランチタイムに訪問し、それを注文しました。

その名に違わずライスの上に山のように盛られたチキンカツ。その上にぶっかけカレー。
インパクト十分です。

カレーの味は中華的なスパイスも上手く使っていて、今まで食べた際コーポレーションのカレーの中でも頭一つ抜け出た美味しさ。
知らない間にレベルアップしていたのか、ここだけ美味しいのかわかりませんが、とにかく下手なカレーより確実に美味しいです。

チキンカツは薄目ですがたっぷりで、薄いからこそこの粒子状ドロドロスタイルのカレーとの相性も良い感じ。
これがスープと漬物ついて900円しないのはかなりお得だと思います。

夜メニュー見ると羊肉のカレーもあるようで。
lこれはまた夜に行って違うカレーを食べてみたいですね。
これからもカレーを諦めない姿勢を貫いて欲しいと思います。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード