カレー日記


湯島「ホンカトリー」アイガモカレー


湯島と御茶ノ水の間くらいにあるカレーライス専門店です。
日替わりでカレーの内容が変わります。
様々な副菜が乗るスタイルは昨今流行の大阪スパイスカレー的でもあり。

面白いのは玄米フレークのスパイス和えや、生姜のきいた和風ファラフェルが乗っていること。
これは大阪でもなく、完全オリジナルの独自路線です。

カレーはタマリンドの酸味が印象的なカレー。
合鴨とじゃがいもが具として入っていました。
このカレーだけ食べると酸味のバランス感が強すぎるかなと思ったのですが、バスマティライスと様々な野菜やおかずが乗ったものにカレーをかけて食べてみれば、その酸味が全体をうまくまとめる形となっていて、非常に美味しいんです。
なんと面白い!

マスターによると、カレーの味は定まっていなくてその時の気分で行ったり来たりしているとのこと。
元々はスパイシーなカレーを出していたのが、最近デリーのコルマカレーを食べて甘味のあるカレーも良いなと思い、ここしばらくは甘い方向に。
それが戻ってきて、今は辛さ的には中間にいるんだけど、酸味が強いのは何故かというと、仕入れに行った際にヤリイカの良いものが入っていたので、それに合わせる為に酸味を強くしたんだそうで。

どんなカレーを出すかは決めずに仕入れに行くんだそうです。
そこで良い素材を見つけて、それに合わせる形でカレーを変えていくんだとか。

これって相当なセンスが無いとできないことですよ。
カレーの見た目も、器もおしゃれですし、マスターご自身の服装もおしゃれな方でした。

一発で気に入ったので、またそう遠くないうちに行こうと思います。
隠れた名店です。

評価:★★★★

カレー日記


西新宿五丁目「はしおバザール」ハーフ&ハーフ(ビーフ、チキン)


ハーフ&ハーフ(ポーク、ラム)


豚肩ロース、10種スパイスのカレー煮


はしおカレー(おつまみ)


大阪ではいまだスパイスカレーブーム真っ只中であり、続々と面白い新店が登場しています。
東京には入ってきそうでなかなか入ってこない文化なのですが、東京のスパイスカレーとも呼べるカレーの中でも、面白いお店が最近は少しずつ増えてきたように感じています。
その中のひとつがこちらはしおバザール。

カレーとスパイス料理のバー的なお店なのですが、キーマだけで4種類。
その他欧風的なルーカレーが1種類ありました。

二人で行き、キーマをハーフ&ハーフで二種類。つまり全部のキーマを食べ比べ。
まず面白いのがチキン。
昆布出汁、長葱使用の和風キーマなんです。これがさっぱりしていながらもちゃんと食べ応えある美味しさ。

ビーフは八角が効いていてしっかりとした辛さが面白く、ポークはインドのキーマと洋食キーマの間くらいの立ち位置がまた面白く、ラムはしっかりとラムの旨味が直撃する美味しさ。
どれも個性的であり、どれもちゃんと美味しいんだから素晴らしいじゃないですか!

豚肩ロースのカレー煮もいただきました。
こちらは欧風のはしおカレーがベースとなったカレー煮込み的な料理。
こっちはまたフルーティーで違うベクトルの美味しさ。

これだけ多種多様に個性的なカレーを作れるお店ってなかなかありません。
大阪スパイスカレーはキーマの種類の多さが特徴のひとつともいえますが、こちらもそういう意味では大阪的でもあり。

東京にありそうでなかったスタイルのお店だと思います。
まだ混んでいるわけでもないですが、この味なら人気が出るのも時間の問題ですね。
穴場です。

評価:★★★☆

カレー写真


高田馬場「アウトサイダー2」角煮焼チーズカレー

高田馬場「ブラザー」牡蠣カレー

大久保「魯珈」ろかプレート(牛すね肉の薬膳カレー)

高田馬場「キッチンニュー早苗」チキンカツドライカレー

青山一丁目「タップロボーン」フィッシュヘッドカレー、ゴタンパロティ

ランプライス

高円寺「インド富士子」2種盛(ポークビンダルー、ベビーホタテとゆり根のカレー)

高円寺「くじら」鴨・キノコ・オレンジのキーマ

西荻窪「そーせーじ」カレーパン

カレードック、季節の野菜キッシュ
キーマカレードック
11、16
カレーパン
1130、1160

カレー日記


神奈川 川崎「箱根ベーカリー」焼きカレーパン、きのこカレーパン


箱根に本店があり、神奈川県や静岡県に数店舗展開しているパン屋チェーンです。
川崎のアゼリアにもお店があり、今回いただいたのはそこで購入したものです。

カレーパンだけでも色々と種類があり、写真にあるのは焼きカレーパンときのこカレーパンの2種ですが、他にカリカリカレーパンもいただきました。
通常のカレーパン、海賊カレーパンという黒いカレーパンもありました。

焼きカレーパンは辛めのキーマカレー入り。
きのこカレーパンは甘めのカレー入り。
カリカリカレーパンはオーソドックスなカレー入り。

それぞれカレーが違うのが偉いですね。
そして、それぞれの生地にそれぞれのカレーが合っていて。

どれも万人受けする美味しさだと思います。
ひとつひとつ見るとずば抜けた個性があるというわけでもないのですが、安心して食べられるカレーパンでした。

評価:★★★

カレー日記


八丁堀「ラティーノ」トレスコンボ(復刻版三越前のインドカリー、メキシカン、欧風シーフード)


前々から隠れた名店だと思っているラティーノ。
久しぶりの訪問となったのは、外看板の「日替わり 復刻版三越前のインドカリー」の文字を見て、予定していたお店に行くのを中止し、急遽こちらに吸い込まれるように入った次第です。

三越前のインドカリーといえば古くからのカレーマニアならすぐに思い出す、ツタで絡まった店名の無いお店のこと。
あまりにも独特で伝説となっているお店ですが、地域の再開発のタイミングで惜しまれながら閉店してしまったのが10年前のこと。

それが気になってお店に入ってみたものの、こちらのお店はカレーの種類が多すぎて悩ましいんですよ(^^;)
あれもこれも食べたくなってしまいます。

厳選し、3種類選べるトレスコンボにして、三越前インドカリー、メキシカン、欧風シーフードの3種をセレクトしました。

まず三越前のインドカリー。
これを頼むと別皿で粉チーズも出してくれます。
まさにあのお店のスタイル。

サラサラのルーに良く煮込んだホロホロの豚肉とじゃがいもとにんじん。
今食べても色あせない美味しさです。

そのままの味を再現という所まではいってないのかもしれませんが、これはこれで十分以上に美味しい仕上がりで大満足。
ラティーノさん、こんなことまでできたんですね! さらに好きになりましたよ!

メキシカンはオリジナリティある美味しさであり、欧風も納得の美味しさ。
どのカレーを食べても美味しいんです。
それが何種類も用意されているって、本当に凄いことだと思います。

接客の素晴らしさも相変わらず。
これを機にもっと通わないとなぁ。

本当に隠れた名店です。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード